広島安佐ロータリークラブについて

ロータリーの目的(RI理事会決議)

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎としての奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。
具体的には次の各項を奨励することにある。
第1 知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること。
第2 職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものとすること。
第3 ロータリアン一人一人が個人として、また事業および社会生活において、日々奉仕の理念を実践すること。
第4 奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること。
「ロータリーがしかるべき運命を切り拓くには、常に進化し、時には革命的にならなければならない」ポールハリス

6つの重点分野

Ⅰ 平和と紛争予防/紛争解決
Ⅱ 疾病予防と治療
Ⅲ 水と衛生
Ⅳ 母子の健康
Ⅴ 基本的教育と識字率向上
Ⅵ 経済と地域社会の発展

始めに

クラブ中期戦略計画として3年先を見つめ、広島安佐ロータリークラブの有り方、活動方針を策定する年度にしたいと思います。これを『アクティブアクションプラン』とし、ロータリの目的を常に念頭に置き、6つの重点分野を見据えた取り組みをしていくことでクラブ全体のレベルアップと会員のモチベーションアップに繋がっていくことが肝要です。その結果次世代を担う子供達へ、より確かなフォローアップを実施していく事がクラブにおける中核的使命と考えております。
(コンセプトポリシーとして)
RI のポリシーである3大要素、『クラブのサポートと強化・人道的な奉仕・公共イメージと認知度の向上』に焦点を当て中期戦略計画の基本的な考え方の整理と単年度方針設定への礎にして参ります。
この基本的指針をクラブ事業へ展開し、広島安佐ロータリークラブの更なる発展を目指していくものです。
(目的達成の為の手続き)
クラブ事業は、理事会承認が決議事項として成立することは基本であり、公式行事(活動)はその手続きを経て成立する。
従って、これからのクラブ運営は、RI の理念に即した決議内容となるべく理事会にて決定の手続きが行われた案件のみ遂行していくものとする。

まずはお問い合わせください