広島安佐ロータリークラブについて

人道的奉仕と重点化

奉仕委員会

道垣内会長のクラブ運営方針『ニューノーマル時代の奉仕』に基づき、常にクラブ奉仕・職業奉仕等の基本に立ち返り、諸事業に取り組みたい。各委員会の方針は概ね前年度を踏襲するも、時代の変化、社会情勢の動きを捉え「奉仕し、みんなの人生が豊かになる」べく新たな奉仕活動も展開したい。

社会奉仕委員会

【方針】
・「がん予防推進委員会」と連携し、がん一次・二次予防をロータリアンばかりでなく様々な対象に呼びかけていく。
・7つの重点分野に関連する社会奉仕活動に取り組む。

職業奉仕委員会

【方針】
・職業奉仕の理念と実践について啓発に努める。
 職場訪問例会の実施。
 インターアクト委員会と共同で職業人の講話会の実施。
・四つのテストを原則毎例会で唱和する。
 言動はこれに照らしてから
 1. 真実はどうか
 2. みんなに公平か
 3. 好意と友情を深めるか
 4. みんなのためになるかどうか

国際奉仕委員会

【方針】
・各クラブの国際奉仕活動を支援。
・7つの重点分野に関連した支援活動をしていく。
・「インターアクト委員会」と連携し韓国第3690地区との交流を目指す。

青少年奉仕委員会

【方針】
・ロータリーは、未来を担う青少年に将来への希望と力を与える使命を帯びる。また、青少年の才能を伸ばし熱意を呼び起こして、個人、あるいは市民としての責任感と指導力を持つ有為な人材へと育成することを目指さなければならない。

1. RYLA(ロータリー青少年指導育成プログラム)への参加と実践。
2. 社会奉仕プロジェクトおよび国際奉仕プロジェクトへの参加を促す。
3. 世界平和と異文化の理解を深める交換プログラム参加実現に向け検討。
4. 青少年育成の一つの柱、インターアクト委員会との横断的な活動を進めていく。

がん予防推進委員会 

【方針】
・未来を担う青少年を中心にがんに対する知識、理解を深める取り組みを行い、がん予防を推進する。

【方策】
・地区が推進する「出前講座」を広島安佐ロータリークラブのインターアクトクラブである「崇徳学園」に於いて実施する。

インターアクト委員会

【方針】
・連絡を取り合い、情報を分かち合い、IACプログラムをサポートする。
・地区合同レベルや国際的レベルでIACプログラムを作成する。
・IAC行事を広報する。
2015年6月22日に認証伝達式を終え「崇徳学園インターアクトクラブ」が広島安佐ロータリークラブを提唱ロータリーとしてRIに正式に認められたのはご案内のとおりです。
そもそも、インターアクトの誕生は1962年トーマスRI会長時、RI理事会にてインターアクトプログラムが宣言され、その年アメリカフロリダ州メルボルンRCの提唱により、メルボルン高校が最初のクラブとして発足しました。日本最初のIACは1963年結成の仙台育英学園高校ですが、以来2019年には、日本においては622クラブが登録されています。
2710地区にて19番目に発足した「崇徳学園インターアクトクラブ」ですが、私共広島安佐ロータリークラブとしても素晴らしき出会いとなり、「崇徳学園インターアクトクラブ」の活動がより多角的に幅がひろがりつつあります。
本年度はこれを一層推進し、各種奉仕活動への参加と、各インターアクトクラブとのコラボレーション、韓国IACとの更なる交流を図る。

ロータリー財団部門・財団委員会

【方針】
今年度はガバナー信条の「みんなのためになるかどうか。未来のためになるかどうか。」、そして会長方針「ニューノーマル時代での奉仕」。これに沿ってロータリー財団事業を進めていきたいと思います。加えて、ロータリーの6つの重点分野に向けた地区補助金を活用し、山彦園への支援を継続しながら地域の社会ニーズに対応する活動を行えるように取り組みます。一人では不可能なことも皆で取り組めば大きな支援が可能です。ロータリー財団を通じて有能で思慮深く、寛大な人々がお互いに手をたずさえて行動を起こすために行動します。

・財団への寄附目標の達成
ポリオプラス基金 35$以上/1人
年次基金 150$以上/1人
恒久基金 1,000$以上/クラブ
・地区補助金の活用
社会福祉法人広島市社会福祉事業団
広島市こども療育センター山彦園へ支援(滑り台、平均台)
まずはお問い合わせください