広島安佐ロータリークラブについて

人道的奉仕と重点化

奉仕委員会

石丸博昭会長のクラブ運営方針『音を拡げ 調和と友愛』に基づき、常にクラブ奉仕・職業奉仕の基本に立ち帰り諸事業に取り組みたい。
各奉仕委員会の方針は概ね前年度を踏襲するが、その着実な実践の歩みが自ずと、ロータリアン自身が『インスピレーション』になり、『輝こうロータリー ふたたび!』となる。

社会奉仕委員会

【方針】
・「がん予防推進委員会」と連携し、がん一次・二次予防をロータリアンばかりでなく様々な対象に呼びかけていく。
・6つの重点分野に関連する社会奉仕活動に取り組む。

職業奉仕委員会

【方針】
・職業奉仕の理念と実践について啓発に努める。
 職場訪問例会の実施。
 インターアクト委員会と共同で職業人の講話会の実施。
・ロータリアンの行動規範を原則毎例会で唱和する。

ロータリアンの行動規範
1.個人として、また事業において、高潔さと高い倫理基準をもって行動する。
2.取引の全てにおいて公正に務め、相手とその職業に対して尊重の念をもって接する。
3.自分の職業スキルを生かし、若い人びとを導き、特別なニーズを抱える人びとを助け、地域社会や世界中の人びとの生活の質を高める。
4.ロータリーやほかのロータリアンの評判を落とすような言動は避ける

国際奉仕委員会

【方針】
・各クラブの国際奉仕活動を支援。
・6つの重点分野に関連した支援活動をしていく。
・「インターアクト委員会」と連携し韓国第3690地区との交流を目指す。

青少年奉仕委員会

【方針】
・ロータリーは、未来を担う青少年に将来への希望と力を与える使命を帯びる。また、青少年の才能を伸ばし熱意を呼び起こして、個人、あるいは市民としての責任感と指導力を持つ有為な人材へと育成することを目指さなければならない。

1. RYLA(ロータリー青少年指導育成プログラム)への参加と実践。
2. 社会奉仕プロジェクトおよび国際奉仕プロジェクトへの参加を促す。
3. 世界平和と異文化の理解を深める交換プログラム参加実現に向け検討。
4.青少年育成の一つの柱、インターアクト委員会との横断的な活動を進めていく。

がん予防推進委員会 

【方針】
・「社会奉仕委員会」と連携し、がん一次・二次予防をロータリーばかりでなく様々な機会で実践していく。

【方策】
・がん予防推進委員会の長は社会奉仕委員長が兼務し、積極的な推進体制を構築する。

以上を次年度の重点施策とし、「クラブ中期戦略計画」に則って描かれたトレンドに沿い、二次予防対策へとステージを作っていくとともに、独立した「がん予防推進委員会」の設置を推進したい。

インターアクト委員会

【方針】
・連絡を取り合い、情報を分かち合い、IAC プログラムをサポートする。
・地区合同レベルや国際的レベルでIAC プログラムを作成する。
・IAC 行事を広報する。
2015年6月22日に認証伝達式を終え「崇徳学園インターアクトクラブ」が安佐ロータリークラブを提唱ロータリーとしてRI に正式に認められたのはご案内のとおりです。
そもそも、インターアクトの誕生は1962 年トーマスRI 会長時、RI 理事会にてインターアクトプログラムが宣言され、その年アメリカフロリダ州メルボルンRC の提唱により、メルボルン高校が最初のクラブとして発足しました。日本最初のIAC は1963 年結成の仙台育英学園高校ですが、以来2015 年で594 クラブ 会員約13,600 人となっております。
2710地区にて19番目に発足した「崇徳学園インターアクトクラブ」ですが、私共安佐ロータリークラブとしても素晴らしき出会いとなり、「崇徳学園インターアクトクラブ」の活動がより多角的に幅がひろがりつつあります。
本年度はこれを一層推進し、各種奉仕活動への参加と鈴が峰女子校インターアクトクラブや呉高専・清水が丘女子校インターアクトクラブとのコラボレーション韓国IAC との更なる交流を図る。

ロータリー財団部門・財団委員会

【方針】
ポリオ撲滅は言うに及ばず、ロータリー財団の6つの重点項目に向けた新地区補助金等の効果的運用。そして付け加えて3カ年計画による財団100 周年による新地区補助金、グローバル補助金の申請を視野に入れ計画性を以て取り組みます。

・財団への寄附目標の達成
ポリオプラス基金 35$ 以上/1人
年次基金 150$ 以上/1人
恒久基金 ベネファクター1人以上/クラブ、または1000$ 以上/クラブ
まずはお問い合わせください